広島にゆかりのある作品紹介

143/144ページ

「原爆まんがの一番星―谷川一彦資料展―」原爆資料館にて本日より開催

  • 2010.01.06

「はだしのゲン」より16年早く原爆を扱った漫画として注目されている「星はみている」(1957(昭和32)年のなかよし掲載)など、漫画家・谷川一彦さんの資料展が本日より原爆資料館(広島平和記念資料館)にて開催。 谷川一彦さんは広島県安村(現・広島市安佐南区)出身で、自身も原爆で父が行方不明になっており「星はみている」の主人公と設定が重なっている。 この資料展には約30点の掲載誌や原画(複製)16点を展示。 開催期間・場所は2010/1/6〜1/31、原爆資料館東館地下一階にて。入場は無料です。 >asahi.com の記事 >原爆資料館(広島平和記念資料館)オフィシャルサイト

1 143 144