広島にゆかりのある作品紹介

3/144ページ

あす6/2、広島本大賞コミック部門の授賞式開催。西島大介先生・松田洋子先生トークショー&サイン会も開催

  • 2013.06.01

広島の書店員&タウン誌出版4社が選ぶ「第3回広島本大賞 コミック部門」。 その大賞&特別賞授賞式があす6月2日に広島センター街8階アクアホールにて開催されます。 ●大賞「すべてがちょっとずつ優しい世界」(西島大介、講談社) 西島先生は広島在住で、受賞作の「すべてがちょっとずつ優しい世界」は福島原発問題をテーマとしたメッセージ性の強い作品。 >モーニング公式サイト『すべてがちょっとずつ優しい世界』作品情報 すべてがちょっとずつ優しい世界 posted with amazlet at 13.06.01 西島 大介 講談社 Amazon.co.jpで詳細を見る ●特別賞「ママゴト」(松田洋子、エンターブレイン) 松田先生は福山市出身。絆をテーマにしたストーリー性が審査員内で高く評価され、急遽特別賞に。作品内での会話にも福山弁が見受けられるそうです。 ママゴト 1 (ビームコミックス) posted with amazlet at 13.06.01 松田 洋子 エンターブレイン Amazon.co.jpで詳細を見る 授賞式と同時に西島大介先生と松田洋子先生のトークショー&サイン会も開催されます […]

1 3 144