6/26三次にて巫女が給仕する「霧の巫女Cafe」一日限定開催。朝霧の巫女の聖地を巫女さんと一緒に巡る撮影ツアーもあり

NO IMAGE

☆これまた自分とこのイベントで恐縮です。

広島県三次市の地域活性化に取り組む「三次市地域おこし協力隊Team三次元」と、広島市のメイドカフェ「めいぷりてぃ」がコラボして、6月26日(日)に石畳と卯建(うだつ)の似合う町屋通り・三次本通り商店街にて、広島県出身の漫画家・宇河弘樹氏の代表作『朝霧の巫女』をイメージしたカフェと観光ツアーを開催します。

霧の巫女Cafe
霧の巫女Cafe メインビジュアル

このイベントは、大きく分けて「伝奇風コンセプトカフェ・霧の巫女Cafe」と「巫女さんと歩く三次町〜太歳神社ツアー」の2パートに分かれています。
一応、原作者宇河先生公認(黙認?)のイベントです。


1.伝奇風コンセプトカフェ「霧の巫女Cafe」

「朝霧の巫女」のキャラクターをイメージした巫女コスチュームの女性スタッフが給仕を行うカフェを一日限定で開催。
朝霧そば(800円)など、作品にちなんだオリジナルメニューをご用意致します。
チャージ料金は無料、飲食費実費のみ頂戴いたします。

また、別売りのチケットを購入すればお手持ちのカメラや携帯で巫女スタッフの写真撮影が可能。(店内やお料理の撮影は、巫女に声をかけていただければ無料で撮影可能)

店内には物販ブースもあり、ポストカードなどの霧の巫女カフェオリジナルグッズや「朝霧の巫女」作者・宇河弘樹氏デザインのオリジナルグッズなどを販売致します。かなりレアかも。

○開催日:2011年6月26日(日)
○開催時間:12:00~20:00(ラストオーダー 19:30)
○開催会場:三次本通り商店街【卑弥呼蔵 赤猫】 広島県三次市三次町太歳1144-1

広島県三次市三次町1144−1

JR三次駅、バスセンターから会場までのアクセスは「あおちゃんといっしょ? みよし本通り商店街『卑弥呼蔵 赤猫』まで歩いてみよう」が詳しいです。

*ご来店には、撮影券1枚つきの予約フォームをご利用いただくと確実です。

店舗外観
店舗外観

店内風景
店内風景

店内風景
店内風景 - 宇河弘樹先生直筆イラストが飾ってあります

会場は非常に趣きのある和風カフェで、落ち着けます!
猫もいっぱいいます(ΦωΦ)


2.巫女さんと歩く三次町〜太歳神社ツアー

巫女コスチュームを着た女性スタッフが、“夢街道ルネサンス”にも認定されている石畳と卯建(うだつ)の立ち並ぶ三次本通りから「朝霧の巫女」作中の舞台モデルと言われる太歳神社を徒歩でご案内する、少人数“聖地巡礼ツアー”。
神社では巫女撮影会も実施します。(ツアーに同行する巫女スタッフは1名・持ち回り制なので、誰が担当に付くかは当日のお楽しみ)

追加料金なし、お手持ちのカメラで漫画に出てくる舞台での巫女撮影ができるので、結構お得なプランですよー。
※撮影は、同行スタッフの指示に従ってください。

○開催日:2011年6月26日(日)
○開催時間:13:00より毎時00分出発、18:00出発が最終(予定)
○所要時間:30分程度
○参加費:500円(撮影費用込)
○出発集合場所:『卑弥呼蔵 赤猫』 中庭煙突前(出発の5分前までの集合願います)

*当日参加申請OKですが、一回の人数に限りがあるためツアー予約フォームから予約しておくと確実です。

太歳神社
太歳神社

ちなみに、前日の6月25日は太歳神社で「輪くぐり祭」というお祭りがあります。
前日から三次入りして楽しむのもいいかもしれませんね。
三次市地域おこし協力隊「めいぷりてぃ&MGS 霧の巫女Cafe」


今回の私の仕事としては、メインビジュアルを描かせていただきました。ビジュアルは朝霧の巫女とは全く関係ないです…
この記事に貼った白っぽいバージョンと、めいぷりてぃのサイトに掲載されている赤バージョンがあります。
フルカラーのポストカードを2種作りましたので、当日販売します!(一枚100円、オフセット印刷)

あと当日、カフェ内物販ブースあたりに常駐しています。巫女スタッフではありませんが、それなりに朝霧の巫女にちなんだ格好はする予定。
是非、お越しください(ΦωΦ)