コスカレードバナー バナー広告・お仕事・ネタのタレコミ・プレスリリースなど常時募集しております。
イベント情報はイベント情報提供フォームから、 お仕事・お問合せは
メールフォーム又はinfo★otakumap.comまでお気軽にどうぞ!(★を@に変換)

広島を舞台にした漫画「夕凪の街 桜の国」「この世界の片隅に」の作者・こうの史代先生の講演会が7/10比治山大学にて開催

この記事をプリントする この記事をプリントする

漫画家・こうの史代先生の講演会が今週の日曜に開催されます。

この世界の片隅に 上 (アクションコミックス)

こうの史代先生は広島を題材にした作品を多く発表しており、そのうち「夕凪の街 桜の国」は実写映画化されています。
先日こちらの戦時下の呉市の日常を描いた漫画「この世界の片隅に」が北川景子主演で実写ドラマ化&こうの史代先生パッケージ・呉の「焼きだし」で書いたように、今年の夏に『この世界の片隅に』の実写ドラマ化も予定されており、ますますのご活躍が期待されます。

貴重な講演会、ファンの方は是非行かれてみてはいかがでしょうか。

漫画家・こうの史代先生講演会
●演題:「こうの史代、プロの漫画家として」
●日時:7月10日(日)13:00〜14:30
●講師:こうの史代
●場所:比治山大学 4号館 04106講義室(広島市東区牛田新町4-1-1)

広島県広島市東区牛田新町4丁目1−1
●料金:無料
●問い合わせ:082-229-0151(比治山大学入試広報室)
なお当日はオープンキャンパスを開催していますので、混雑も予想され す。
駐車場もありますが、公共交通機関も便利です。
アクセスについては、WEBサイトからご覧ください。
http://www.hijiyama-u.ac.jp/

漫画家・こうの史代さんについて
こうの史代さんは、1968年生まれ・広島県西区出身の漫画家。1995年に『街角花だより』でデビュー。
2004年に発表した代表作『夕凪の街 桜の国』では、戦争が市井の人々にもたらす悲劇をまったく新しいアプローチで描き、多大な反響を呼び起こした。この作品は第8回文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞、第9回手塚治虫文化賞新生賞を獲得し、2007年には田中麗奈主演で実写映画化。
そして、再び戦争というテーマに取り組んだ『この世界の片隅に』もまた、前作に引けを取らない賞賛と感動の声を集めた。本作を「こうの史代の最高傑作」と推す声も多い。
トーンを極力使わない温かみのある絵柄で、軽妙なユーモアと、生活感に溢れた作品群を執筆。その活動は児童書から青年誌までに及び、『この世界の片隅に』のようなメッセージ性の強いものから、コミカルな日常ものまで、手がける作品の内容も幅広い。
*主な作品:『街角花だより』『ぴっぴら帳』『夕凪の街 桜の国』『長い道』『さんさん録』『この世界の片隅に』
夕凪の街桜の国
夕凪の街桜の国

posted with amazlet at 11.06.14
こうの 史代
双葉社

▼こちらの記事もどうぞ!

アルフレッド後藤アニメアイコン
広島ブログ ←ランキング参加ちう。押すと1票入るっぽい。

Home > 広島にゆかりのある作品紹介 | 広島オタクニュース > 広島を舞台にした漫画「夕凪の街 桜の国」「この世界の片隅に」の作者・こうの史代先生の講演会が7/10比治山大学にて開催

▼Twitterやりよるよ
▼今やりよる&近日開催のイベント
Loading...
その他のイベントは広島イベントカレンダーで。
▼グッときたものたち
ヤマゼンYHS-X700用もみじまんじゅうプレート [YHSX700ヨウモミジマンジュウフ]
家でもみじ饅頭が焼ける…だと…?

ヤマゼンYHS-X700用もみじまんじゅうプレート [YHSX700ヨウモミジマンジュウフ]
価格:980円(税込、送料別)

 広島ご当地ラムネ3本セット×5パック

広島ご当地ラムネ3本セット×5パック
もみじまんじゅうラムネ・レモンラムネ・はっさくラムネのトリオ。
価格:2,180円(税込、送料別)

Return to page top