9/1 マイマイ新子などの片渕監督による特別講演「アニメーション監督 片渕須直の世界」比治山大学にて開催。展覧会「片渕須直 WORKS」展も同時開催!

この記事をプリントする この記事をプリントする

イベント情報提供フォームから情報いただきました! ありがとうございます!

「マイマイ新子と千年の魔法」や「BLACK LAGOON」「アリーテ姫」の監督などで有名な片渕須直監督が、9/1に広島市の比治山大学短期大学部美術科主催で特別講演を行います。

片渕監督は現在、同大学の客員教授・こうの史代先生原作の呉が舞台の漫画「この世界の片隅に」のアニメーション映画制作を進行中で、NHK東日本大震災復興応援プロジェクトのテーマソング「花は咲く」の短編アニメーション映像(これもこうの先生がキャラクターデザインをされています)も手がけておられます。見たことある方も多いんじゃないかな?

そんな片渕監督の貴重なお話が聞けるチャンス。申し込み不要で無料なのでぜひ!
☆展覧会「片渕須直 WORKS」展も同時開催です。こちらも無料!

特別講演 「アニメーション監督 片渕須直の世界」

(C)こうの史代・双葉社/クロブルエ |(C)MAPPA/NHK・NEP |(C)髙樹のぶ子・マガジンハウス/「マイマイ新子」製作委員会 |(C)2010 広江礼威・小学館/BLACK LAGOON製作委員会 |(C)ARETE PROJECT

特別講演「アニメーション監督 片渕須直の世界」
昨年度、客員教授にご就任いただいたマンガ家のこうの史代先生原作「この世界の片隅に」が、片渕須直監督によって現在アニメーション映画化が進行しています!

本講演会では、NHK東日本大震災復興応援プロジェクトのテーマソング「花は咲く」のアニメーション映像をはじめ、これまで片渕監督が手掛けられてきた数々の作品を上映しながら、資料集めの重要性など、制作について幅広く語っていただきます。

また、映画「この世界の片隅に」の制作中の映像を今回特別に上映すると共に、展覧会「片渕須直 WORKS」展を同日限定で開催します!!

●開催日:2013年9月1日(日)
●開場時間:13:00
●開始時間:13:30
●終了時間:15:00

●会場名:比治山大学 10号館(学生会館)5階 多目的ホール(広島市東区牛田新町4丁目1-1)

〒732-8509 広島県広島市東区牛田新町4丁目1−1
●アクセス:
・アストラムライン:「不動院前」駅から徒歩約5分
・バス:「牛田新町四丁目」停留所から徒歩約3分
・広島駅から:エールエール前20番乗り場<広島交通・JRバス>千足、深川、高陽方面行
・広島バスセンターから:<広島交通・JRバス・広島バス>高陽方面行
・車:駐車場あり ※数に限りがあります

●料金:無料
●お申込み方法:事前申し込み不要
●定員:200名(先着順)

●出演者:片渕須直監督

<片渕須直(かたぶち すなお) プロフィール>
片渕須直監督1960年大阪生まれ。日本大学芸術学部在学中に宮崎駿監督『名探偵ホームズ』の脚本・演出助手を担当し、以降、宮崎監督『魔女の宅急便』、大友克洋監督『MEMORIES』などのスタッフを勤める。監督作として『名犬ラッシー』『アリーテ姫』『ACECOMBAT 04(ムービーパート)』『ブラック・ラグーン』『マイマイ新子と千年の魔法』など。NHK復興支援ソング『花は咲く』をこうの史代氏のキャラクターで短編アニメーション化。引き続き、こうの史代原作『この世界の片隅に』映画化を進行中。

●主催者:比治山大学短期大学部 美術科

●お問い合わせ先:電話番号:082-229-8958
メール:hart@hijiyama-u.ac.jp
●公式サイト:http://blog.hijiyama-u.ac.jp/bj/2013/08/post_199.html
●公式サイト2:http://www.hijiyama-u.ac.jp/users/bjtu1/manga-character3.html

●その他:
★関連企画★展覧会「片渕須直 WORKS」展を同日限定で開催!
日時:2013年9月1日(日)
会場:比治山大学 10号館(学生会館)5階 多目的ホール ロビー
料金:無料

マイマイ新子と千年の魔法 [DVD]
エイベックス・マーケティング (2010-07-23)
売り上げランキング: 7,316

▼こちらの記事もどうぞ!

アルフレッド後藤アニメアイコン
広島ブログ ←ランキング参加ちう。押すと1票入るっぽい。

Home > 広島オタクニュース > 9/1 マイマイ新子などの片渕監督による特別講演「アニメーション監督 片渕須直の世界」比治山大学にて開催。展覧会「片渕須直 WORKS」展も同時開催!

▼Twitterやりよるよ
▼人気の記事

Return to page top