広島の盆灯籠を擬人化してみた


こんにちは。今回の記事は新しいカテゴリの「広島描いてみた」コーナーです!

広島市の人ならこの時期必ず目にする「盆灯籠(ぼんとうろう)」
写真のコレですね。

盆灯籠

スーパー、コンビニ、仏具店などで陳列して売られているコレは、お盆にお墓に挿すためのものです。
コレ、広島周辺にしかないって知っていましたか?

浄土真宗本願寺派の安芸門徒の信徒が広めた風習とされる。
機能としては卒塔婆に相当するもので、盆の時期に墓参りを行う者がその墓の周囲に立てる。
竹を六角形のアサガオ型に組んだ物に、赤・青・黄などの色紙を貼って作る。表面に金粉などをつけることもある。風や雨水を通すために、1面は上辺だけ貼っておいて下部を空けてある。さらに、六角形の頂点から金紙などの飾りをつける。装飾化・形式化した「燈籠」であり、実際に火を灯す用には適さない。
なお初盆(新盆)の霊には色紙や装飾は用いず、白い紙のみの盆燈籠を供える。
いずれも高価なものではなく、1本600から1000円程度である。
Wikipedia「盆灯籠」より

ふむー。
Wikipediaを読むとまめちしきが結構載ってますね。
あの穴は重ねて売るためじゃなくて風・雨水抜きの穴だったんですねぇ。
しかし「江戸時代の広島城下、娘を亡くした父親の話に由来するようです。亡くなった娘のために石灯籠を立ててやりたいと思っても、そのお金がなく、それで竹をそいで紙を貼り、それを灯籠として供えたことにはじまり、今では安芸地方の夏の風物詩となっています。」
というのは初耳! なんとも良い話ではありませんか〜。

ちなみにこの盆灯籠、テレビでみたところによると職人さんによる手作りのようです。
その手技は後継者へと受け継がれていくのでしょうねヽ(‘ー`)ノ

さて今回はこの「盆灯籠」を擬人化してみました。
何年も前からやりたかったのですが、このたびはHOM2号氏に絵を描いてもらいましたよ!
かわいいです。うへへ。

盆灯籠を描いてみた

で、せっかくなので、売り場POPやチラシなどに使っていただけるよう高解像度の画像素材も用意しました。
このイラストを利用したいという奇特な…いやありがたい売り場ご担当者様がもしいらっしゃいましたら、以下よりダウンロードしてご自由にご利用ください。
利用規約はアーカイブに同梱しています。
盆灯籠たんダウンロード(背景透過PNG/1.2MB)

みんなで盆灯籠を愛でましょう!ヽ(‘ー`)ノ

★今後もこのHOM2号による「広島描いてみた」、たまにやりますのでお楽しみに!

4件のコメント

  1. こちらでははじめまして。
    趣味で広島にまつわる小説を書いている者です。
    5月30日のこちらの記事で紹介していただいたので、もしかしたら名前をご存じの方もおられるかもしれません。

    さて、可愛い盆灯籠イラストと同梱の利用規約を拝見したのですが、私が想定していた内容が記載されていませんでしたので敢えて質問の形を取らせていただきたいと思います。

    (1) このイラストを元にした小説を書こうと考えているのですが、二次創作に関する許諾はどのようになっていますでしょうか。
    禁止であれば遠慮なくその旨お伝えください。私の方は一向に構いませんので。
    また、内容を見てからでなければ判断できないというのであればその旨お伝えください。投稿前の原稿を送付させていただきます。

    (2) (1)を許可していただいた場合、私は小説をHACのサイトに掲載する予定ですが、その表紙にこちらのイラストを採用しても構わないでしょうか。
    サイトの制約による縮小以外の改変は一切行いません。また、追加の条件がある場合にはその旨提示していただければ遵守します。

    HOM2号さまの素敵なイラストには宮島文庫やHACで何度もお世話になっております。私ごときが著したアマチュア小説に何かの力があるわけではありませんが、それでも広島に伝わる文化を少しでも誰かに伝えることができればと私はいつも考えております。
    どうか前向きにご検討くださいますよう、よろしくお願いします。

    1. >藤原さん
      某所ではお世話になってます。
      現在2号と検討中ですので、暫くお待ちください!ヽ(‘ー`)ノ

  2. >藤原さん
    ダウンロードファイル内の利用規約ファイルを修正しましたのでそちらをご覧下さいませ!
    基本的には全てOKです。どんどんやっちゃってください。

  3. 快諾くださいましてありがとうございました。
    おかげさまで素敵(だと自分では思っている)作品が完成しました。

    ただし掲載の方は私的な事情により断念しましたので、拙作はメールにて送付させていただきます。
    取り扱いについてはデザイナーである広島オタクマップ様に一存します。

ただいまコメントは受け付けていません。