いいのかコレ!? 10/22よなご映像フェスティバルにて赤井孝美さんをゲストにむかえてあの「愛国戦隊大日本」を上映。鳥取はじまりすぎだろ…


Twitterで拾った山陰情報ですが、おもわず目を疑ったのでご紹介。
よなご映像フェスティバル10/22(金)〜24(日)の三日間、米子市文化ホールで開催される「よなご映像フェスティバル」。
その一日目、「裏・映像フェスティバル」と題して第一部は米子市のガイナックスアニメーションプロデューサーの赤井孝美さんを招いて5本の映像が上映されるそうです。
そのうち1本があの

「愛国戦隊大日本」(1982年)。

\米子市がご乱心だーーーーッ!/

愛国戦隊大日本

1980年代のおたく(当時はオタクではなく「おたく」表記だった!)の間では超有名な自主制作映画。とにかく内容がアレなので詳しくは紹介しませんがググるといっぱいでるよ。

裏・映像フェスティバル
●10/22(金)19:30開場、20:00開演
●場所:ダラズ・クリエイト・ボックス

鳥取県米子市法勝寺町70
●定員:50名
●入場には「よなご映像フェスティバル2010」のフリーパス1000円が必要です。
●入場者は1ドリンクオーダーをお願いします。
詳細はこちらで。

よなご映像フェスティバル
赤井孝美オフィシャルサイト


いまでこそエヴァンゲリオンなどで有名なガイナックスですが、実は鳥取にとても縁のある会社なのです。
ガイナックスのWikipediaにもあるように「社名は島根県の東部、鳥取県の西部の方言(雲伯方言)で『大きい、凄い』という意味の『がいな』に未知を表わす『X』をつけたもの。」ご存じなかった人も多いかもですね。
そしてガイナックスの庵野秀明さんは宇部出身で山口県立宇部高等学校卒業。「エヴァ」や「トップをねらえ!」にもちょっとだけ宇部ネタが出ます。

このガイナックスの前身であるのがゼネラルプロダクツやDAICON FILMなのですが、オタクの歴史を研究するならDAICON FILMは避けて通れないといってもいいでしょう。
ドラマ版電車男のOPでDAICON IVのオマージュがなされてたので知っている人もいるかも。


ゼネプロといえば「1/1ロトの剣」、オトナになった今頃になって欲しいです。
ドラゴンクエスト ファンタジア・ビデオもすごい好きだった…。竜王役は庵野さんがされてるんですよね。

今回は若い人おいてけぼりな記事でした!

渡辺宙明BGMコレクション“CHUMEI”ブランド
テレビ主題歌
コロムビアミュージックエンタテインメント (1996-09-21)
売り上げランキング: 104548
おすすめ度の平均: 5.0

5 宙明サウンドのほとんどがこれに入っている

「おたく」の精神史 一九八〇年代論
大塚 英志
講談社
売り上げランキング: 208821